2018年7月13日『蟹座部分日蝕読み』【京都・二条・星読み・占星術・ホロスコープ】

18.07.12

こんにちは♪

いつも「気まぐれ星読みweekly」をお読み頂き
ありがとうございます!

明日13日、11時48分に蟹座20度で起こる
「部分日蝕」についてお届け致します☆

日蝕とは・・。
太陽と月と地球が一直線に並んだ状態になります。
太陽と地球の間に月が入って、
太陽が部分的及び全て隠されて見える現象になります。

一部分・・部分日蝕(画像左)
全部・・・皆既日蝕(画像中央)
リング・・金環日蝕(画像右)

今回の日蝕は「部分日蝕」になります。
日蝕の時は月のサイクル的に「新月」になります。

では、サビアンシンボルで見ていきましょう♪

蟹座21度
『歌っているプリマドンナ』

プリマドンナと言えば、オペラの主役☆彡
この主人公は、
全身全霊を込めてこの大舞台で歌っています。
この座に辿り着くまで血が滲むような努力をしてきました。
仲間と配役を競い合い、火花を散らす事もありました。

想像しただけで、
身震いしちゃいますよね(^_^;)

でも、オペラは皆の気持ちが一つにならないと
大失敗に終わってしまいます。
競争心はあっても、仲間を陥れる行動はNGですよね。

このシンボルでは、
これまで自分が取り組んできた事を皆に知ってもらいたい、
自分の個性を認めてほしい気持ちが芽生えてきます。
皆で一緒に盛り上げる力が必要になるのです。
それでいて、その中で主役を勝ち取る力☆


押しの強さもありますし、言葉や表現に説得力があります!
だってプリマドンナだしね~(^_^)

新月はいつも書いてますが、
太陽と月がピタリと重なります。
「太陽の目標を月が具現化しやすくなる時。。」

でも、今回はただの新月ではなくて
「部分日蝕」!!
新月のスペシャルバージョンです。

大きなテーマを打ち立てる時でもあります!
長期スパンで考えてみてほしいです。

そして、
今回の蟹座の部分日蝕で特徴的だったのが、
山羊座冥王星からの180度!!
かなりの意識改革がもたらされそうですね。
しかも、
部分日蝕が起こるのは天職を表す10ハウス☆
冥王星は個人の土台・基盤を表す4ハウス☆

自分がこれまで培ってきたものを
社会の中でどう活用していくのか?

プリマドンナとして、
周囲の皆にどう表現していけるのか?
日蝕が起こるのは蟹サイン。
そこには沢山の仲間がいます。
「誰と一緒にオペラを盛り上げていきたいですか?」

冥王星は死と再生を象徴します。
一旦ゼロにして、また立ち上がる。。
土台となるものを作り変える様な動きが
あるかもしれません。

一瞬不安になるかもしれませんが、
ここで一旦リセットして
情感豊かに表現していける術を考えてみるのも
いいかもしれません。

プリマドンナらしく、
自分の個性・魅力・人を惹きつける才能を
今一度思い出して見てくださいね♡


そして、
大きな太陽のテーマを打ち立てましょう♪
月の具現化の力で達成する事ができるかもしれませんよ!

私も大きな転換期♪
日蝕パワーを借りて目標テーマを考えてみたいと思います(^_^)

では、
明日は素敵な「部分日蝕」をお過ごしくださいね!!

最後までお読み頂きありがとうございました♡

 

 

 

 

ホームへ戻る