2018年11月30日《乙女座下弦の月読み》です【京都・二条・星読み・占星術・ホロスコープ・鑑定・カラーセラピー・リラクゼーション】

18.11.29

こんにちは♪

明日30日9時19分に、
乙女座7度で下弦の月を迎えます。

本日は、
《乙女座下弦の月読み》をお届け致します!

月は先週の満月を経て、
どんどん浄化のパワーが強まってきています。

サビアンシンボルでは、

月のシンボルは、
乙女座8度
『最初のダンスの練習』

太陽のシンボルは、
射手座8度
『岩やその内部で形成されているもの』

どちらも、柔軟サインで不安定さが出てきやすいです。

迷いやすくなったり、
自分のしている事がこれでいいのか??
感情の面で、
先の見えない不安に陥る事もありそうです。

でも、今回は太陽のすぐそばに木星があって、
太陽の目標に知恵を授けてくれています。

木星のサビアンは、
射手座5度
『木の高い所にいるふくろう』

とても深い叡智を持ち、
ふくろうは、無意識を操るシンボルです。

何かしら先を進む上での、
ヒントが得られるかもしれません。

《乙女座下弦の月に大切にしたい事》

○没頭できる楽しみを見つけてみる

○ポジティブ思考で♪
(最初から無理かも・・と諦めない)

○一人でのんびり過ごす時間をとる

月の満ち欠け的には、
削ぎ落としていく流れとなりますが、
色んな考え方が頭を巡る時期になるので、
早まった決断とならないようにしましょう!
(水星逆行中ですしね!)

乙女座下弦の月が、
皆様にとって素敵な気付きとなりますように・・♡

最後までお読み頂きありがとうございました(^ ^)

ホームへ戻る
;